カードローン利用について

まず、カードローンとは、住宅ローンや事業ローンのように高額な融資を行うのでは無くて数万円から数百万円までの融資を行い、契約する事でカードローン会社から発行されるカードを使い融資を受けたり返済を行います。

融資を受けたり返済を行う場合には、専用のATMや提携ATMで行う事も出来ますし、振込依頼を行う事で指定する口座への入金と自動引き落としによる返済も可能となっており、以前と比べると格段に利用しやすくなった事から年々利用者は増加傾向にあります。

利用者の年齢層を見てみると20代前半から60代前半まで職業を問わず様々な人がカードローンを利用していますが、特に20代後半から30代後半に掛けての年齢層の利用者が急激に増加傾向にあります。

カードローンの申込みを行う場合、インターネットや店舗での手続きを行う事で審査が始まり通過する事で借入可能となりますが、その利用目的について制限されることはありません。

また、通常金融機関で借入を行う場合、担保や保証人を立てる必要な場合もありますが、カードローンの場合には、原則担保や保証人を立てる必要は無い事からこの事もカードローンの人気が高まっているひとつの理由と言えます。

現在、カードローンのサービスを提供している金融機関は、大きく分けて銀行と信販会社、消費者金融の3つとなります。

それぞれ、貸付条件が違いますが、出来るだけ返済に対する負担を軽減するために各金融機関共に金利を低く設定したサービスや新規利用に限り一定期間利息が無料になる無利息キャンペーンを行っている所もあります。

ただ、カードローンと言うのは、借りやすい反面ついつい使い過ぎてしまう傾向にあり、自己規制をしっかりと行い無駄遣いしないように心がけないとあっと言う間に融資限度額まで借入を行ってしまうこともあるので、注意が必要です。